リサイクルトナーとは未来の味方│プリンターをお得にユーズ

プリンター

経済性と信頼性

メリットは

印刷

リサイクルトナーとは、お客様が中身を使い終わったトナーカートリッジを回収し メンテナンスを施して中身のトナーを充填し、再び使用出来る状態にしたトナーカートリッジの事である。 このリサイクルトナー、その一番のメリットは、何といってもコストパフォーマンスが高いことだろう。 物によっては、純正品の価格の10分の1以下というものもあるくらいだ。 だからといって印刷品質も純正品に比べて、さほど劣る事も無く使えるようだ。 また、再生品ということで動作の不具合を懸念されがちだが、その分保障が充実しているので、安心して使用する事が出来るようだ。 自然環境にも配慮し、再度使える部品は極力使用して資源の無駄遣いを軽減している点も、良いところであるとは言えないだろうか。

デメリットは

リサイクル品という事で、どうしても純正品に比べ初期不良の割合が2倍ほど高くなってしまうというデーターが出ている。 印刷物の出来ばえだがモノクロの場合は純正品とは、さほどの違いは無いのだが カラーとなると流石に微妙な違いが出てくるようだ。再現性を問われる印刷物の場合には不向きとなる事もあるだろう。 このような事態を避けるため、結局は純正品を手元に用意しておかなければいけない場合もあるようだ。 リサイクルトナーは、メーカーによっても品質にも差があり、色の濃さや印刷枚数、劣化度合いなど、まちまちである。 リサイクルトナーを使っていて、プリンター本体にマシーントラブルが発生した場合、メーカーの保障期間内であっても無償修理を断られるケースもあるようだ。 純正品を使っている場合とは、ここが決定的に違うところだろう。