リサイクルトナーとは未来の味方│プリンターをお得にユーズ

プリンター

新しい造形手段を求めて

印刷

3Dプリンターとは、文字通り立体物を出力するプリンター、あるいはデジタル工作機器のことです。3Dプリンターの用途は最近どんどん広がり、趣味の世界から例えば医療現場の活用等実用的な用途まで、多種多様な目的のために活用されています。このような3次元出力を可能とするデジタル機器には代表的な3Dプリンターの他に3Dスキャナー、デジタル刺繍ミシン、ペーパーカッター等があげられます。それらの危機を活用して物作りを楽しめる施設をファブラボといいますが、ファブラボでは3老若男女、さまざまな人々がDプリンターに代表されるこれらの機器を使用して、3次元造形の世界に挑んでいます。3Dプリンターの登場によって、自分のアイデアをさまざまなデータにし、それを形として出力し、ユニークな造形を楽しんだり実用的な目的に活用する、というデジタル造形の世界が格段に発展しました。

立体造形と加工には、大きく分けて、ゼロから材料を積み上げて加工する AM(Additive Manufacturing)と従来型の板や金属隗から不要な部分取り除いて加工するSubtractingという方式がありますが、3Dプリンターが得意とするのはAM(Additive Manufacturing)です。これには、材料の種類に応じて個体の熱可塑樹脂を熱で固めながら積層していく3Dプリンターや液体の紫外線硬化樹脂を紫外線レーザーやプロジェクタで固めていく3Dプリンター、粉末の金属や石膏を炭酸レーザーや接着材で固めて行く3Dプリンターの3種類があります。更に、3Dプリンターは様々な完成品を出力するだけでなく、そこに至るまでのモデルや試作品の試行錯誤しながら出力する、といった繰り返し作業、すなわちRM(Rapid Manufacturing)という手法にも用いられ、成果を上げています。