リサイクルトナーとは未来の味方│プリンターをお得にユーズ

プリンター

立体のコピー機とは

印刷

文書などは白黒に始まりカラーに至までコピーや印刷することができました。最近話題になっているものは3次元の立体を印刷できる3Dプリンターという機械が発明されたことです。 3Dソフトウェアが出ると自由に3次元の人物や物体を描くことができるようになりました。そしてこれらを実際の立体として再現してくれるものが3Dプリンターです。 素材を作る元になるデータはインターネットを通じてやり取りしたり配布することもできます。 一時をこれで拳銃を作って問題になったこともありますが、法整備も急がれるとされています。 簡単に製品化ができるものなので、将来的にはこれが一般家庭に普及するとも言われています。 そしてこの3Dプリンターにも色々な方式があります。

現在出回っている3Dプリンターは価格が10万円程度のものから上は5000万円ぐらいのものまであります。製品としては1980年代からあり、最近ニュースでも取り上げられるようになりました。 物体を作る材料には熱溶解積層方式の場合にはABS・プラスチック樹脂が、光造形方式の場合には樹脂が、粉末固着型の方式の場合には石膏や樹脂、砂糖も原料となります。 さらに粉末焼結方式の場合には金属やナイロンが、インクジェット方式の場合には樹脂が使われ、切削加工方式の場合は木材や石膏、樹脂などが使われます。 これらの中で家電量販店で売られているものは熱溶解方式のもので、その他の方式のものは専門領域の分野で使われるものです。 最初は単色のみの色づけであったものが多色化も進んでいます。